差金取引 | CFD初心者のための入門ガイド

  • HOME > 差金取引

差金取引

CFDは、「Contract For Difference」の略。
直訳すると、「差額契約」です。

主に「差金決済」と言われていて、買値と売値を売買し、その差額を利益(損失)とする契約です。
CFDで売買しているのは、モノの価格であり、現物ではありません。
株の場合は現物株ではなく、株価を売買します。

また、CFDの取引相手はCFD会社。
CFDで個別銘柄を買った場合は、買いポジションを持っただけなので、その企業の株主の権利を得たことにはなりません。

企業を応援したり、株主優待をもらいたい場合は現物株がオススメですが、短期的に売買して利益を得たい場合は、レバレッジも活かせるCFDの方が効率が良くなります。